外壁タイルは美しく、耐久性にも優れているので、建物の仕上材として多用されています。しかし、経年劣化によりひび割れ、浮き、目地部の中性化などが進むと、漏水や剥落などのトラブルが生じる危険性があり、適切な補修が重要となります。
JKコート工法は、耐久性に優れた特殊アクリル樹脂の「透明塗膜」で、外観を損なわずに長期にわたって建物を保護します。また、中に入った透明短繊維がタイル等の剥落防止にも効果を発揮します。

JKコート工法の特長

  1. 防水性に優れ、タイル目地からの雨水侵入を防ぎます。
  2. タイル面及び目地への付着性が良好なので、長期にわたり外壁面を保護します。
  3. 透明塗膜で意匠性を損なうことはありません。
  4. コンクリート打ち放し面にも最適です。
  5. 気密性が高く遮断性に優れているので、コンクリート躯体を中性化から保護します。
  6. 斜壁面の防水対策にも有効です。
  7. 外壁タイルの剥落防止にも効果が期待できます。
  8. ガラスブロックの防水及びガラスの飛散防止にも優れた効果を発揮します。